コレステロールを下げる食品|体イキイキ健康ライフ

婦人

悪玉と善玉があります

サプリ

血栓ができやすくなってしまう動脈硬化は、高血圧によって引き起こされます。動脈硬化は命にかかわる病気の原因となることもあるため、日頃から血圧の上昇には十分注意しましょう。高血圧対策には、肉や卵などを控えコレステロール値を下げることが効果的です。

詳細へ

様々な方法があります

男性と女性

コレステロールが高いことに気づいたら、いろいろな方法で早めに下げるようにいろいろな方法を取り入れてみましょう。長期にわたってコレステロール値が危険な状態が続く場合は早めに病院を受診して医師から処方された薬を服用しましょう。まずは、コレステロール値が危険な状態になる前に、必要な栄養成分を補う事が重要です。

詳細へ

動脈硬化をおこす物質

老人

コレステロールを下げるのは大変なので、普段からの予防が重要です。有酸素運動や青魚や海藻を食べると予防になり、サプリも補助的に使うと良いでしょう。悪玉コレステロールは動脈硬化の原因となりますが、それ以上に進行させるリポたんぱくという物質がありますが、まだ未知な部分が多く、これから解明が進んでいきます。

詳細へ

動脈硬化などの原因を防止

微笑む男性

DHAのサプリが効果的

コレステロールは身体に良くないと言われますが、実は人間に欠かせない大事な働きをしています。心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや脂肪の消化を助ける胆汁酸の原料になるのがコレステロールなのです。食べ物や肝臓から作り出されるのですが、1日に必要な量は1000から1500ミリグラムです。これ以上のコレステロールを摂取すると、血流が悪くなって血管を狭くしたり、詰まりやすくなるのです。ですから1日に必要な量を摂取して、それ以上摂った場合は下げることが大事です。短期間でコレステロールを下げることができるとして人気なのがサプリです。いつでも飲めますし、携帯もできるのが人気の理由です。特に人気なのがDHAとEPAが配合されたサプリです。これらは青魚に含まれている成分なので安心して飲むことができます。

食事と運動で予防できる

コレステロールを下げるためにはサプリも効果的ですが、食生活の工夫と日常生活に運動を取り入れる工夫も大切です。工夫することによってコレステロールの上昇を予防することができます。例えば揚げ物を減らして、野菜中心の生活にするなどメニューを工夫することです。1日3食をきちんと食べてバランスの良い栄養を摂ることが必要です。それが不可能なら、外食する時にごはんを最後に少し残す習慣をつけるとか、カロリーが低い定食を食べるなど工夫することです。野菜ジュースを1杯飲むだけでも効果が違います。サラリーマンなどで忙しい人は、最寄りの下車駅を一駅手前にして、そこから歩いて帰るなどの工夫をすることによって、コレステロールを下げることができます。またエレベーターなどを使わずに階段を使うだけでもかなり運動量が違ってきます。