コレステロールを下げる食品|体イキイキ健康ライフ

3人の女性と男性

悪玉と善玉があります

サプリ

動脈硬化を予防するために

高血圧になると、私たちの身体はその圧力に耐えられるように血管壁を厚くするようにできています。すると動脈硬化と呼ばれる状態になります。また、コレステロールや中性脂肪が増えると、血管壁の中にコレステロールや中性脂肪が浸み込んで、やはり動脈硬化になるのです。動脈硬化になると、血管の柔軟性が失われ血液の流れを緩慢にして、血栓ができやすくなるのです。すると、血管が詰まって心筋梗塞等の病気を引き起こすことになります。また、血管壁が硬いと血管破裂にもつながります。ですから、動脈硬化を予防するためには、塩辛い食べ物は高血圧の原因になり、肉や卵はコレステロールや中性脂肪を増加させる原因になりますから食べ過ぎないことが大切です。そして、既に高血圧の人は血圧を下げる必要がありますし、コレステロールや中性脂肪が高い人は下げる努力が必要です。

特に悪玉が問題です

実は、コレステロールには悪玉と善玉があり、血管壁にこびりつくのは悪玉コレステロールの方ですから、特に悪玉コレステロールを下げる必要があるのです。最近、悪玉コレステロールを下げる効果が期待できることから、DHAやEPA等の不飽和脂肪酸に注目が集まっています。嬉しいことに、DHAやEPAには中性脂肪を下げ、高血圧を改善する効果も期待できますから、動脈硬化を予防するには最適な物質と言うことができます。DHAやEPAは魚に多く含まれているのですが、魚を食べることが少なくなった現代人のためにサプリメントが開発されています。また、DHAやEPAにはダイエット効果やアレルギーの改善効果も期待できると言うのですから利用してみる価値が高いと言えます。