コレステロールを下げる食品|体イキイキ健康ライフ

3人の女性と男性

動脈硬化をおこす物質

老人

予防が大切です

今現在コレステロールの値に問題がない人であっても、コレステロールの予防をしてくことは大変重要なことです。コレステロールを下げるのは大変な事ですが、維持していくことは食生活と生活習慣を少し見直すだけで済みます。コレステロールの予防や下げる方法は基本的に同じです。血液をサラサラに保つようにすれば良いのです。血液をサラサラにするには、有酸素運動を継続することによって脂肪を燃焼させます。中性脂肪とコレステロールは悪友のような関係で、どちらかが増えれば片方も増え、逆にどちらかが減れば片方も減る性質があります。そして、青魚や海藻といった血をサラサラにする食品を多く食べるようにしてください。必要に応じてサプリメントで補助します。魚の匂いが苦手な人は、エビなどから抽出したサプリもあります。

LDL以上の影響

悪玉のコレステロール(LDL)は血管の上皮細胞に取りつきます。一方、善玉のコレステロール(HDL)はLDLを肝臓に運ぶ役割をします。LDLが増え過ぎるとHDLが肝臓に運びきれずに血管にこびりついて動脈硬化となります。そのため、LDLを下げる必要があります。しかし、近年の研究によってLDL以上に動脈硬化を進行させる物質が発見されました。それがリポたんぱくで、血液を固まりやすくしてしまい動脈硬化に至らせます。この、リポたんぱくはまだ解明されていない部分が多く、どのようにしたら値が増えて、どのようにしたら値が下げることができるかもまだわかっていません。LDLとリポたんぱくと動脈硬化やその他生活習慣病の関係がより研究されていくことでしょう。