憧れのファッション業界で働こう!服飾専門学校に通う目的

専門学校に通う理由

ファッション業界の場合、独学でも勉強をすることができます。それでも服飾専門学校が人気の理由は何でしょうか。服飾の専門学校に通うメリットを紹介します。

専門学校の一日の流れ

洋服

登校・午前の授業

朝礼の時間までに登校をし、午前の授業が始まります。午前は座学の授業を行い、基本的な知識を学んでいきます。分からないことでも講師が分かりやすく説明してくれるので、安心です。

ランチ

午前の授業が終わると、みんなでランチをします。中休みの休憩の時間が長いので、外にランチに行くこともできます。友達とおしゃべりをしたり、情報を交換することができます。

午後の授業

午後には、実習の授業をします。座学で学んだことを実践することで、体に覚えさせていきます。実習の際も、講師が丁寧な指導を行うので、しっかり腕を磨くことができます。

放課後

学校が終わると友達と遊びに行ったり、バイトをしたり自由な時間です。試験前などになると、友達と残って課題をしたりする方も多いようです。

憧れのファッション業界で働こう!服飾専門学校に通う目的

イラスト

ファッション業界に就職したいなら

人気のデザイナーやショップ定員から、裏方のバイヤーやマーチャンダイザーなどファッション業界には様々な分野があります。それぞれに専門家がいるため、専門学校で学ぶことが最も効率的な方法です。「ファッション業界で働きたい」という漠然とした目標の人でも、東京の服飾専門学校に通っている間でやりたいことを見つけることができます。

洋服

独学との違いとは?

ファッション業界の中でやりたいことが決まっている場合には、実際に現場でアシスタントなどをした方が、早く知識や技術が身に付きます。しかし、どんな仕事をしているのか分からないと言った場合には、現場で違和感を感じる場面が増えていまいます。そのため、専門学校で仕事について学ぶ必要があります。どんな仕事をして、どんな知識が必要なのかを専門学校で学びましょう。

広告募集中